こんにちは

カウンセラー&ボイス・コミュニケーショントレーナーの早川です!

 

何か不安を感じた時。

あなたはどんなことを頭の中で考えていますか?

以前の私ですと……

「こんなことをやっていて大丈夫なんだろうか?」

「将来仕事がなくなってしまうんじゃないだろうか?」

「こうなってしまったらどうしよう…」

こういった感じの事をよく考えていました。

 

少し状況が抽象的ではあるんですが、基本的に不安を感じているときは、自分に対して「否定的」になっていました。

 

あなたはどうですか?

何か不安を感じたとき、どんなことを考えていますでしょうか?

 

本日は、こんな不安を感じたとき瞬間的に自分を変える2文字の言葉をご紹介します!

自己肯定力が弱くなってしまったり、自分を認める自己受容力が低くなってしまった時にすごく有効です!

自己否定が強くなると…

とってもしんどくなります……

 

自分で自分ことを否定するという事は、ある意味では他人に否定されるより辛いかもしれません。

しかし、この自己否定は、気が付かないうちにループに入りやすいとも言われています。

 

何か辛いことが重なったり、毎日辛い状況が繰り返されると、どんどん「自分ってだめなんだ……」と思いやすくなってしまいます。

こうなると、自己暗示的に自分に否定的な言葉をかけるようになっていってしまい、どんどん自己肯定力や自己受容力が弱くなっていってしまいます。

自己肯定力や自己受容力が低くなると、物事のとらえ方もマイナスにとらえてしまったり、不安を感じやすくなってしまったりと、辛い状況にハマって行ってしまうのです……。

不安解消!自己肯定力・自己受容力を上げる2文字の言葉

このように、自己肯定力や自己受容力が低くなると、どんどん辛くなっていってしまいます。

不安もどんどん大きくなってしまうのです。

 

さぁ、本題です!

こんな時、2文字の言葉を使って一瞬でこの状況をチェンジしましょう!

その2文字の言葉とは……

「でも……」

です!

 

自己否定が強くなってしまっているとき、すごく視野が狭くなってしまっている場合が多いです。

そんな時は、自分はダメなんだという事を疑えなくなってしまいます。

あたかも自分がダメなことが当然のように感じてしまうのです。

 

そして、その状況で起こった出来事のマイナスの部分ばかりに目が行ってしまいます。

マイナスの方ばかりに目が行ってしまって、他の視点で見ることができないのです。

 

なので! この狭い視野をグッと広げ、違う視点からその物事を見てみることが自己肯定力や自己受容力を上げるカギになります!

そこで、

「でも……」

です!

 

自己否定感が強く、自分がダメな理由を考えてしまったとき、

「でも……」

を後ろにつけて、反対の事を考えます!

 

例えば…

「明日上司と2人で外出だ。上手く話せなくて嫌だなぁ、でも……この間は案外うまくいったな!

「どうしてこんなに話すことが苦手なんだろ、はぁ~、でも……話しを聞くのは結構得意だな!

と、言う感じです。

 

このでも、を付ける前で終わっていたら、おそらく「辛い」という気持ちで終わってしまいます。

しかし、「でも」を付けて別の角度から「できたことやできること」を見てみることによって、自己否定を自己肯定、自己受容に変えることができます!

結果、感情も変わってくるのです。

 

この方法はすごく簡単です!

不安やつらいことを考えたら「でも」を付けるだけです!

 

簡単だけど、効果抜群ですので、ぜひ試してみてくださいね^^

 

 

≪無料メール講座配信中!≫

7日間で人付き合いが楽になる!無料メール講座

 

≪無料カウンセリング受付中!≫

 

≪【Skype・LINE対応】カウンセリングメニュー≫

カウンセリングについてはこちら

自分自身のカウンセラーになるセルフ講座

 

≪各種短期講座≫

2日間でコミュ力UP!コミュニケーション特化講座

セルフカウンセリングアドバイザー資格認定講座

 

 

≪YouTubeで配信中!≫

 

▼ツイッター・フェイスブックやっています!▼
お気軽にお声がけください^^