こんにちは!

カウンセラー&ボイス・コミュニケーショントレーナーの早川です。

突然ですが質問です!

あなたは何かを始める時、迷わず1歩踏み出せる方ですか?それともなかなか踏み出せない方ですか?

・・・

・・

考えていただきましたでしょうか?

ちなみに私は以前なかなか踏み出せない部分がありました。

こういってはなんなのですが、自分的に案外どうでもいいと感じるような内容の時は、ポンポンッ!ってもの事を決めてどんどん進められるんですが、こう重要な決断と認識してしまう内容ですと…なかなか踏み出せない自分がいるんです。

もし、このように、新しい事をなかなか踏み出せないと感じた方は、ぜひさらに考えてみて頂きたいことがあります。

それは……そんな踏み出せない時、「頭の中ではどんなことを考えているか!」です。

・・・

・・

どうでしょうか?浮かびましたでしょうか?

これも先ほどの私の場合の続きをご紹介しますと、「〇〇を始めたい!やりたい!こうしたい!」こう考えたとき、重要と感じれば感じるほど失敗した時の事を私は考えてしまいます。

・失敗したらこうなるよな…

・失敗したら恥ずかしいな…

・失敗したら後々大変だよな…

そしてこういったことを考えると、さらに自分をなぐさめに行ってしまいます。

・まぁ今はやるときじゃないよな

・現実的じゃないよ、失敗したらキツイもん

・やらなくても今のままだし大丈夫大丈夫…

こうなると、なかなか行動に移せません。行動に移すことが悪いことのように自分に言い聞かせているからです。

 

あなたはどうでしょうか?

どういったことを考えていましたでしょうか?

思い込みの力は…

このように、失敗する理由を考え、さらにその理由を正当化していってしまうとなかなか一歩踏み出す勇気を持つことができません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

・・・

・・

おそらくご自身の思考を探っていただいたことによって、もうその答えが見つかっていることに気づかれているでしょう!

行動できない考えとは、「失敗を前提にした考え方」です。もっと言ってしまうと、『失敗する理由』を考えているんです。

行動を起こす際、なぜ失敗するかを冷静に考えてしまっている……。

人は思い込みの力は実際ものすごく強いです。

 

こんな話があります。

妻が浮気をしているかもしれないと少しだけ考えてしまった夫。

この夫が気になって、妻が浮気をしている証拠を探そうと色々調べたとしましょう。

そうするとどうなるでしょうか?

・・・

・・

答えは『浮気の証拠がガンガン発見できる』です!

いや、そんなのわからないじゃないか!

そう思われた方もいらっしゃるかと思います。

しかし、この答えはとても的を得た答えと言われています。

どういうことかというと、人はどんな出来事でも、自分が理由付けした世界を見ています。

例えば同じ映画を観たとしても人によって感想は違いますよね?

同じ映画館、同じ時間に一緒に観たとしても、その感じ方は違います。

これは同じものを見ても個人個人とらえ方が違うからです。

 

先ほどの浮気の話に戻しましょう。

夫は妻が浮気をしている事を疑っています。そして「浮気の証拠を探しています」

こういった前提や思い込みのもと、浮気の証拠を探せば、どんなものでも浮気の証拠になり得るのです。

例えば妻が花を持って帰ってきた時。

浮気の証拠を探している夫にとっては、見方によればその花は浮気の証拠になり得ます。

実際はたまたま職場でもらっただけだったとしても、「浮気相手にもらったに違いない!」と思い込んでしまえば、それは夫にとっては立派な浮気の証拠です!

 

このように人は自分自身の思い込みや理由付けの世界で生きています。

そしてその思い込みの力は行動を引き起こす原動力にもなれば、行動を制限する力にもなるのです。

思い込みの力を行動する勇気にする方法!

では、本日の本題!一歩踏み出す勇気を持つ考え方、方法です。

それはズバリ言いますと…

「失敗する理由ではなく、成功する理由を考えること!」

 

何かを始める時、始めようとしたとき、失敗する理由ばかりを考えるクセを持っている方は、失敗するための思い込みを多くしてしまいます。(私も以前こんな考え方のクセを持っていました)

しかし、先ほどご紹介をした通り、思い込みの力はすごく強いです!

失敗ばかりに目が行ってしまうと、当然行動する勇気は失われていきます。

 

そこで、逆に「成功する、できる理由」を考えるのです!

・これがあるからできる!

・こうすれば成功できる!

・この力が自分にあるからできる!

このように考えるとどうでしょう? 失敗する理由だけを考えていた時と違う気持ちがわいてくるのではないでしょうか?

 

失敗する理由を考えること=悪ではない

ここまで失敗する理由を考えることを否定的に書いてきたように感じられるかもしれませんが、決して失敗する理由を考えること=悪ではないです。

なぜなら、失敗する理由も考えないと、「向こう見ず」な考え方になってしまい、失敗する可能性も上がってしまうかもしれないからです。

冷静な考えというものも大事なことです。

ただ、失敗する理由「だけ」を考えてしまうと、一歩踏み出す勇気を生むことは難しくなってしまいます。

バランスはとっても重要ですね!

 

いかがでしたでしょうか?

一歩踏み出す勇気は「成功する理由・できる理由」を考えることによって持つことができます。

ぜひ、今一歩踏み出す勇気が欲しい!という方は試してみてくださいね^^

 

動画でもご紹介しています^^

 

7日間で人付き合いが楽になる!無料メール講座配信中!

 

 

すぐに使える心理学・心理術・コミュ術等ご紹介中!

無料カウンセリングを行っています

2日間でコミュ力UP!コミュニケーション特化講座予約受付中

セルフカウンセリングアドバイザー資格認定講座

自分が自分のカウンセラーになる方法

カウンセリングについてはこちら