埼玉県所沢市のカウンセリング、コミュニケーション、アサーショントレーニングなら

HSP(とても敏感な人)とは?その生きづらさは弱さではない!

  • HOME »
  • HSP(とても敏感な人)とは?その生きづらさは弱さではない!

周りの変化にすぐ気が付く
NOと言えない
人の気持ちに流されやすい
高圧的な人を見るとすごくドキドキする
人ごみが苦手
にぎやかな場所にいると疲れてしまう

 

HSPとは?

HSPという言葉をご存じでしょうか?

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、日本語に訳すと「とても敏感な人」になります。

このHSPはアメリカの心理学者である、エイレン・N・アーロン博士が1996年にアーロン博士の自著である「THE Highly Sensitive Person(和訳:ささいなことでもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。)という本で提唱された考え方です。

この本は世界的なベストセラーになり、この発表によって、それまで「弱さ」として扱われてきた行動や考え方を見つめ直すことができるようになったのです。その結果、多くのHSP気質をお持ちの方が救われました。

 

5人に1人がすごく敏感な人

HSPとは、その和訳の通り、「とても敏感な人」「とても敏感に感じてしまうその気質」のことです。

多くの人がなんとも感じないものも、このHSP気質を持った人は、「とても敏感に感じることができる」というものです。

このHSP気質を持った人は、年齢、性別など問わず、全ての社会に15%~20%いると言われています。つまり、約5人に1人はHSP気質を持った人だという事になります。

5人に1人を多いと思われるか少ないと思われるかは人それぞれですが、約20%であれば、高確率で学校のクラス、職場、ご近所さんなどの人間関係で、HSP気質の方がいらっしゃる計算になるでしょう。

 

HSPは病気や障害ではなく、気質である

絶対に勘違いをしないでいただきたいこととして、HSPは病気であったり、障害などではないということがあります。

HSPというものは、敏感に物事を感じ取ることができるという気質です。

そのため、ご自身がHSP気質である、ご家族、ご友人、ご同僚などがHSP気質を持っていたとしても、それは問題ではありません。

ただ敏感に感じることができるがために、非HSP(HSP気質でない)である方たちとの関係で上手くいかないことが起こってしまったり、コミュニケーションにおいてズレが生じてしまうことが起こり得るというだけです。

決してHSPは病気でも障害でもありません。

 

HSPは生まれ持った気質

HSP気質は成長とともに培う後天的なものではなく、生まれたときから持っている先天的な気質であるという事が言われています。

アーロン博士の著書である「THE Highly Sensitive Person」の中では、双子の子供の話が紹介されており、1人はHSP、1人は非HSPであるとのことです。

生まれた環境、両親は同じだったとしても、このように生まれたときからHSP気質を持っていたり、非HSPであったりすることがあると紹介されているのです。

 

HSPかどうかの自己チェック

ではここでHSP気質をもっているかどうかの自己チェックテストをやってみましょう

次に質問する内容に少しでも当てはまると思ったらチェックを付けていってください

①自分をとりまく環境の微妙な変化に良く気づくほうだ

②他人の気分に左右される

③痛みにとても敏感である

④忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋など、プライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる

⑤カフェインに敏感に反応する

⑥明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい

⑦豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい

⑧騒音に悩まされやすい

⑨美術や音楽に深く心動かされる

⑩とても良心的である

⑪すぐにびっくりする(仰天する)

⑫短時間にたくさんのことをしなければいけない時、混乱してしまう

⑬人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)

⑭一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ

⑮ミスをしたり、物を忘れないようにいつも気をつける

⑯暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている

⑰あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる

⑱空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

⑲生活に変化があると混乱する

⑳デリケートな香りや味、音、音楽などを好む

㉑動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している

㉒仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できない

㉓子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた。

エレイン・N・アーロン著

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへより引用

以上の質問より12個以上YESが付いた方はHSPと言えるでしょう。

また、YESが付く項目が少なく、たとえ1つや2つしかつかなかったとしても、その度合いが極端に強いような場合はHSPと言えます。

 

敏感すぎると生きづらい?

HSP気質を持つ方の中には、そのHSP気質が原因となって悩んでしまったり、生きづらさを感じてしまう方が多くいらっしゃいます。

なぜ「敏感に感じることができる」という気質によって、ストレスを感じたり、生きづらさを感じたりしまうのでしょうか?

原因は一つではありませんが、主な原因としては、HSPと非HSPの人口人数の違いが大きいと言えると思われます。

人口の80%が非HSP

 

HSPと非HSPとでは、同じ経験をしたとしても、感じ方が全く異なります。

例えば、比較的多くのHSPは賑やかな場所、人の多い場所を好まない傾向にあります。

非HSPの人は何でもないような空間も、HSPは五感が敏感でキャッチできる情報多いため、情報量の多い場所はそれだけでダメージとなって、疲労につながってしまうのです。

 

また、HSP気質の方は、相手の気持ちをいち早く察知することができると言われています。すごく簡単な言い方をすれば、すごく「空気を読む」ことができるのです。

しかし逆に言えば、相手の感情を先回りして感じてしまうため、自分の感情よりも、相手の感情を優先にしがちになってしまう場面が多くあります。

こういったことから、学校や職場のコミュニケーションにおいて、本当は行きたくないけどYESと言ってしまう遊びの誘い、飲み会の誘いも断ることができず参加してしまうことがあります。

 

HSPは全体人口の約20%と言われています。逆に言えば、80%は非HSPという事になります。

80%の人は、にぎやかな場所や人ごみに行ってもHSPの人ほど疲れないかもしれません。

80%の人はHSPの人ほど空気を読んで動かないかもしれません。

そうなると、80%の人は敏感すぎるHSPという気質を理解することができない可能性が高いのです。

 

とても残念なことですが、会社や学校などのコミュニティでは、少数派の感覚は「変」ととらえられてしまう事がしばしばあります。

自分は人と違うということに辛さを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんし、「人と同じであるべきだ」と自分の気質を無視して頑張ってしまう方も多くいらっしゃるかと思います。

 

こういったところから、職場、学校、家庭でのコミュニケーションを含む日常生活で「生きづらさ」を感じてしまう方が多くいらっしゃるのです。

 

生きづらさから抜け出すためには

上記の通り、非HSPが80%と全体人口の半数以上のため、HSP特有の「敏感さ」は理解されないことがあります。

また、そんな「敏感に感じてしまう自分に対する嫌悪感や怒り」などが、さらに自分を追い詰めてしまうことになるのです。

そんなHSPが原因による生きづらさから抜け出すためにはいくつかの考え方を日々の生活に取り入れることが重要です。

 

自己理解

HSPを知らなかった方は、自分のそんな「敏感すぎる気質」が好きではなかった方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも生まれ持った気質だったという事も初めて知った方もいらっしゃることでしょう。

HSPは生まれ持った気質です。無理に矯正しようとして完全に矯正できるものではありません。

HSP気質をもっている方は、このHSP気質を持った自分自身を認めるところから自己理解が始まります。

この後ご紹介しますが、HSP気質は才能と言ってもいいほど素晴らしい面があります。

そんなプラスの部分ではなくマイナスの部分だけに目が行ってしまうと、自分自身を認められなくなり、どんどん嫌なストレスに支配されていってしまいます。

自分の気質を知り、理解し、その気質を使いこなすことが生きづらさから抜け出すコツの一つです。

 

他者理解

また、他者は自分とは全く別の存在であるという事を知ることも重要になります。

人間はどうしても人と自分を比べてしまうことがあります。しかし、本来は他人と自分は全く別の人間であり、気質も全く違うのですから、比べてもあまり意味のあるものではないのです。

コミュニケーションにおいても、他者と自分は別の人間であるという事を知ることが重要になってきます。

同じものを見ても、同じ時間を過ごしても、感じているもの、考えているものは全く違うかもしれません。非HSPとHSPであれば、さらに離れたものになるかもしれません。

コミュニケーションは「自分がこう感じているのだから相手もこう感じているはず」という前提があるとトラブルの原因になります

「なんでこの人はわからないんだろう」「なぜこの人はこんな言い方をするんだろう」

人は気質が違えば想像もできないような食い違いが平気で起こります。

他者と自分は全く違う、こういったことを理解することができれば、他者を理解でき、自分自身の生きづらさも改善していけるかもしれません。

 

自分の感覚に素直になる

HSPの方は、敏感な感覚を持っています

そして非HSPの方は、そんなあなたの敏感な感覚はおそらく理解できないでしょう

そのため、良かれと思ってあなたを遊びに誘ってくれるかもしれません。あなたが疲れるような場所にも誘われるかもしれません。

こんな時、相手を優先してしまう方の多いHSP気質だと、本当はすごく疲れそうだから行きたくないような場所や時間でも、せっかく誘ってくれたのだから、相手に嫌な思いをさせたくないからと先回りしてしまい、自分の内なる声を押し殺してYESと言ってしまうかもしれません。

人間関係を大切にすることは良いことだとは思いますが、そのために自分自身が犠牲になってしまったら元も子もありません。

HSP気質を持っているという事を理解し、時には誘い断ることも必要かもしれませんし、場所を変えるよう提案してみるのも良いでしょう。

感覚の鋭いHSP気質です。自分の感覚を大切に、感覚に素直になるという事も生きづらさから脱出するコツになります。

 

 

HSPを知ることで生きづらさから解放される

HSP気質は、全体の約20%の人が持つ気質ですので、少数派という事になります。

そのため、周りからその気質が理解されなかったり、その気質によって余計疲れてしまったりすることもあるかと思います。

そんなとき、この「敏感さ」を「弱さ」と捉えてしまい、「なぜ周りと同じようにできないのか」と自分を責めてしまうと、生きづらさが加速してしまうことになります。

敏感さはあなたの弱さからくるものではなくHSPという「持って生まれた気質」である、という事を知ることが生きづらさから解放される第一歩になります。

上記で自己理解について少しご紹介しましたが、このように自分がHSP気質を持っているという事を知り、そしてHSPについて知識を深めることが、自己理解につながり、あなたの生きづらさを開放して生きます。

 

つらいときの対処法は頑張りすぎないこと

HSP気質を持つことで、様々な場面でつらさを感じてしまう事もあるかと思います。

職場や学校の人間関係、人ごみ、騒音、仕事…

敏感すぎる気質を持つがゆえに、様々な場面で非HSPの人たちより刺激を受けすぎて疲れてしまう、辛くなってしまうという事は起こり得ます。

様々な場面が想定されるため、対処法をひとまとめにはできないのですが、傾向としてHSPの方たちは「頑張り屋さん」であることが多いです。

そのため、自分がつらくても、「なんとか頑張らなきゃ」と無理をしすぎてしまう傾向があるのです。

そのため、「頑張りすぎない」「自分の感覚に正直になる」ということが最大の対処法になり得ます。

また、辛いときは信頼を置ける人に相談をしたり、カウンセリングを受けるという選択肢もあります。

辛いときに自分ひとりで抱え込んでしまうと、どんどん心理的に追い詰められてしまう場合があります。誰かと辛さを共有することで、自分を見つめ直すことができるようになるのです。

 

HSP気質はあなたにとってのメリットにもなる

「敏感すぎる」ということで、どうしてもマイナスに感じてしまうことが多いHSP気質ですが、このHSP気質は、実はあなたにとって最高のメリットになる部分も多くあるのです。

HSP気質は約80%の方が感じられない部分を感じることができるというものです。

すぐに人の気持ちがわかったり、より深く空気を読むことができたり、イメージ力が強かったり……

こういった部分を膨らませることによって、HSP気質を持っているからこそできることも多くあるのです。

 

HSP気質がより活かせる職業

HSP気質はマイナスなイメージを持ってしまう方が多く、向いている仕事なんてないんじゃないかと考えてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、HSP気質がメリットとなり、より力を発揮できる職業も多くあります。

HSP気質をお持ちのかたは、感受性がとても豊かで、アイデアやイメージ力がとても強いです。そのため、情感やイマジネーションを必要とする職業にはとても向いていると言えます。

 

・作家 ・画家 ・俳優 ・声優 ・写真家 ・演出家

・イラストレーター ・歌手 ・作曲家

 

など、主に芸術関係の職業はHSP気質を存分に発揮できると言われています。

過去の名だたる画家、音楽家などはHSP気質を持っていた人が多かったのではないかとも言われています。

また、企業の中だったとしても、豊かな感受性やイマジネーション力をつかってHSP気質の力を活かすことも可能です。

企画、商品開発、企画営業など、想像力を使う分野においてはHSP気質が力強いメリットとして発揮できることでしょう。

 

その生きづらさは弱さではありません

もし今自分の気質によって生きづらく感じたり、疲労感が溜まっているとしても、決して自分を責めないであげてください。

その気質は、決して弱さではありません。むしろあなたが持って生まれた素晴らしい才能なのです。

約20%の人しか持つことができない素晴らしい能力です。

ぜひあなたのその敏感さを活かしてあげてください。

必ず力となってあなたを助けてくれるはずです!

 

 

HSP関連のお悩み相談も承っています。お気軽にお問合せ下さい

 

 

電話・Skypeで無料カウンセリングも行っています!

 

カウンセリングについてはこちら

 

自分が自分のカウンセラーになる方法

お気軽にお問い合わせください TEL 04-2935-7036

 

 

 

 

 

 

 

その他のオプション

心理カウンセリングサーチ

PAGETOP
Copyright © ココロウィズ所沢 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.