こんにちは、こんばんは!

突然ですがこんな疑問を持ったことはないでしょうか?

「セラピストとかカンセラーって何が違うの?」

心理療法やカウンセリングとかの単語でネット検索をしていると、セラピストとかカウンセラーとかって単語が出たり、カウンセリング、セラピーなどが混ざって出てきたりしますよね^^

これって結構わかりにくいし、混乱しやすいと思うんですよね。

本日は、そんなカウンセリングとセラピー、カウンセラーとセラピストの違いを分かりやすくご紹介します!

 

相談か問題解決か

カウンセリングとセラピーは、同じような意味にとらえてしまうことがありますが、別々のものです。

その主な違いは、相談をベースにしているか、問題解決特化をベースにしているかの違いといえます

 

カウンセリング

カウンセリングは主に「相談」に重きを置きます。

そのため、どちらかと言えば「受動的」です。あまりカウンセラー側から提案をしたり、意見を伝えたりすることは少ないと思います。

カウンセリングの目指すところは、相談者(クライエント)さん自身で自分の変化に気が付いていただく事です。

そのための質問や、促しはあったとしても、問題解決を直接行うような行動の提案やアドバイスはしないことが多いでしょう。

このカウンセリングを行う人をカウンセラーと呼びます

 

セラピー

セラピーは、カウンセリングよりも、問題解決に特化した内容です。

カウンセリングが広く受動的に相談を受けるのに対し、セラピーは一つの内容に特化することが多く(アロマセラピー、認知行動療法など)、今起こっている問題を解決するための行動をとっていきます。

そのため、カウンセリングよりも「能動的」なものと言えます。

このセラピーを行う人をセラピストと呼びます

今悩んでいることが具体的で、さらにどういった療法で解決していきたいという希望があるようでしたら、その分野に特化しているセラピーを行うことがよいでしょう。

 

違いを知って適切なアプローチ

簡単にお伝えしても、このような違いがあります。

この違いをわからずに同じだろうと考えてしまうと、

カウンセリングをしてもらいたいのにセラピストのところに行ってしまい、話を聞いてもらう時間が少なく、問題解決の方法ばかりになってしまった……

逆に、問題解決の方法を知りたいのに、話を聞いてくれるだけで、具体的な方法を教えてくれなかった……

などなど、「勇気を出していってみたのに希望と違った……」とがっかりしてしまう事もあります。

もし、お悩みがあったとしたら、一度どのようなことをしたいか、どのようなアプローチをとってほしいかを考えてみると良いかもしれません。

不安であれば、実際に行く前に問い合わせてみるとよいと思います^^

 

ココロウィズでは来談者中心療法のカウンセリング、認知行動療法のセラピーなど、ご希望に合わせどちらも行えます。

ご興味があればお気軽にお声がけくださいね^^

 

自分が自分のカウンセラーになる方法