こんにちは、こんばんは!

本日は「結局カウンセリングってどうしてくれるの?」という直球ストレートな内容についてご紹介です。

直球ストレートな内容ではあるのですが、誤解がないよう最初にお伝えさせていただきますと、本日ご紹介する内容は、私が考える内容になります。カウンセリングと一言に言っても色々な考え方がありますので、「全てそう」というわけではないことだけご承知ください^^

 

カウンセリングを受けると変われるの?

変われる可能性があります!

・・・

・・

なんだその自身がなさそうな回答は!

と、お声を頂きそうな書き方ですが、私のカウンセリングの考え方の場合「絶対に変われます!」「私が変えてみせます!」というようなことは言えないのです^^;

と、いうのも、「変わる」ためには、カウンセリングを受ける方の「本当に変わりたい!」という意志が必要不可欠になります。

クライアントさんが「変わりたい」と願うなら、その「変えたい」をサポートする方法の一つがカウンセリングだと思っています。

カウンセリングやその他トレーニングにおいて、「こうすれば絶対に大丈夫!」「この方法が絶対に良いからこうしてみて!」というような、押し付けは行いません。なぜなら、その瞬間は本当に良いというような気になったとしても、自分自身納得してやっていることでない場合は、時間がたてば自分の納得する形に戻ってくる可能性が高いからです。

また、今まで生きてこられた人生の中で培った価値観や考え方を、押し付けという形で否定するなんてことは、とんでもなく失礼なことだと思います。「この方法が素晴らしいから勧める」というのは、勧める側の価値観ですから^^; その方法が素晴らしいと思うのかどうかは、クライアントさんの価値観によるのです。

そのため、「カウンセリングを受けると変われるの?」という質問に対しての私のお答としては、「変わりたい気持ちがあるのであれば、変わることはできます!」

 

変わるのは自分の力!

「カウンセラーがクライアントさんを変える」という考え方は、私個人の考え方としてはそうではないと思っています。

カウンセラーが誘導してクライアントさんを変えるのではなく、クライアントさんの力で変わるためのお手伝いをするのがカウンセラーだと考えています。

なので、カウンセリングはあなたを強制的に変えるようなものではありません。あなたの変わりたい気持ちを後押し、サポートし、結果あなたの力で変えていってもらうものです!

自分自身で「変わりたい!」「こんな自分になりたい!」という気持ちが必要です。

カウンセリングを受け、変わった自分を実感できたとすれば、それはカウンセラーの力で変えたのではなく、あなたの力で変わったのです! あなたにはそれだけの力があるということですね^^

カウンセラーはそのお手伝い、あなたの力の使い方に気が付いてもらったり、時にはその力の使い方をお伝えするような存在なのです。

 

お気軽にご相談ください^^

 

自分が自分のカウンセラーになる