認知行動療法はうつ病やパニック障害などのこころの病気に大変効果があるものとして、様々な場所で使われています。

現在日本でも医療の一環として認められており、保険適用対象となっています(ココロウィズ所沢では保険適用はできません)

それほど効果が認められている認知行動療法ですが、この考え方は病気を治す以外でも、日々の生活でとても使えるものなのです!

どうしても「療法」と名がついていると、「病気を治すもの」というようなイメージがかなり色濃くでてしまうのではないでしょうか?

しかし、普段の生活で心が落ち込むことは誰でもあるもの! そういったときにもすごく力を発揮してくれるんですよ!

日常生活でも活かして気持ちをコントロール!

 

日常で活かせる考え方って?

認知行動療法の考え方は、すご~~く簡単に色々はしょってご説明すると、「出来事の認知(思考)の仕方によって、その後の感情や行動、身体反応まで変わってしまうため、この認知を変えていきましょう」という考え方です。この「認知」の部分を変えていくために色々なトレーニングを行ったり、分析をして行ったりします。詳しくはこちらをご覧ください

この、「出来事⇒認知(思考)⇒感情、行動、身体反応」という流れは、日常生活でも当然のように起こっています。例えば……

 

・LINEを送信して既読が付いたのに返事が返ってこない(出来事)⇒私って嫌われているんだ(認知、思考)⇒辛い、悲しい(感情)

・仕事でミスをして上司に怒られた(出来事)⇒私はもうダメだ(認知、思考)⇒やる気が起きない(行動)イライラする(感情)

 

あくまで、この2つは例ですが、出来事があって、その次に出てくる「認知、思考」の部分でその後が変わってきます。

日々の生活で、この例とは違う場面だったとしても、嫌なことがあったり、落ち込んだり、イライラするような場面は、だれでもあるのではないでしょうか? 私は結構あります(笑)

こんなとき、認知行動療法の考え方を実践し、「思考」の部分を変えていくことができると、その後の自分の行動や感情、身体反応を変えていくことができます。

この考え方は、本番前の緊張や、何か悩みがあったときの考え方など、様々な場面で活かすことができる、万能な考え方でもあるような気がします。

 

日々の生活に取り入れることで健康的に!

これは私の考え方なのですが、認知行動療法のワークをガッツリ実践しなくても、その考え方を少し取り入れていくだけでも効果は実感できるのではないかと思います。当然個人差はあるのですが。

そんな認知行動療法のエッセンスは、日々の少し落ち込んだ場面や、緊張するような場面、ガッツリ落ち込んじゃった時など、様々な部分で使って頂くことで、あなたの生活を変える力があるかもしれません。

ぜひ、試していただいて、少しでも変化があると、嬉しいですね^^

 

 

認知行動療法を日常に活かすエッセンスを学べます!

 

認知行動療法カウンセリングも行っています。お気軽にどうぞ^^