こんにちは!

カウンセラー&ボイス・コミュニケーショントレーナーの早川です!

 

あなたは何か頼まれごとや誘いを受けたとき、本心は断りたいと思いながらも「YES」と言ってしまうことはないでしょうか?

コミュニケーションにおいて一番苦手なスキルはなに?と聞かれた時、この「断るスキル」とお答する方は非常に多いことでしょう!

実際、私がご相談に乗らせていただく中で、この「NO」といえないことによって、自分自身が辛くなってしまうという方はかなり多くいらっしゃいます。

 

そんな本当は言いたい「NO」ですが、なぜこの「NO」が言いにくいのでしょうか?

それはほとんどの場合、NOを言う事によって相手に与える印象が悪くなってしまうから、嫌われてしまうかもしれないから、という理由が多くあるのではないかと思います。

では、仮にNOと言っても印象が悪くならないとしたらどうでしょう?

結構この「NO」が言いやすくなるのではないでしょうか?

 

本日は、そんな印象が悪くならないNO、さらに言えば印象が良くなるNOの言い方をご紹介します!

ぜひ最後までお付き合いください^^

 

印象良く断る3つのコツ

では、早速印象が悪くならない断り方のコツ、つまり印象を良く断る方法を3つに分けてご紹介します!

 

1.感情的にならず冷静に断る

NOというときに感情的になってしまうことがよくあります。

人は感情的に物事を言われると「攻撃された」と感じてしまいます。

そのため、何か断るときに、感情的に断ってしまうと相手は「そんな風に言わなくていいのに…」「できないのはわかったけど、なんでそんな強くいうの!」と、断られたということ以外のところで印象が悪くなってしまいます。

 

断るときは、あくまでも冷静に。

できない事、やりたくないことは冷静にNOと言いましょう!

 

2.相手の気持ちに共感する

あなたに何か頼み事をしてきた、お誘いをしてくれたという事は、何かしら相手には気持ちがあります

・あなたに頼りたいという気持ち

・助けてほしいという気持ち

・あなたと一緒になにかしたいという気持ち

などなど、何か感情があってあなたに頼み事やお誘いがあるわけですね。

 

この相手の気持ちをしっかり理解してあげることが、印象のよいNOを言うコツの一つになります。

これは逆のパターンを想像していただくとわかりやすいかと思います。

 

あなたが誰かに頼み事をしたとしましょう!

その時相手が……

Aさん:私も今忙しいので無理です。自分でやってください。

Bさん:〇〇さんも大変ですね。お気持ちはわかるのですが…私も忙しくてお手伝いすることができません。

 

さて、AさんとBさん、2人とも断られてしまっていますが、どちらが印象が良いでしょうか?

・・・

・・

おそらくほとんどの方がBさんの断り方の方が印象がよいと思われたのではないでしょうか?

Aさんの断り方には相手に対する共感の気持ちがありません。

Bさんは、「〇〇さんも大変なんですね」という共感の気持ちがあります。その上で、自分の状況もあるのでお手伝いができないことをしっかり伝えています。

どちらも断っていることに変わりはないのですが、共感があるかどうかによってこれだけ感じ方が変わってくるのです。

 

3.断る理由を明確にする

断る際に、断る理由を明確にすることで断られた側の印象は大きく変わります。

これも例に出してみてみましょう!

 

仕事を頼まれた時…

Aさん:忙しいのはわかるのですが……ちょっと私もアレでして、引き受けるのは無理です。

Bさん:忙しいのはわかるのですが……私の仕事も納期が近くカツカツなんです。すみませんが引き受けるのは無理です。

 

さぁ、どのように感じるでしょうか?

Aさんはなんというか、理由がモヤっとしていますね^^;

Bさんは理由が明確です。

 

おそらく、Bさんのように断られたら、仕方ないか、という風に感じられるのではないでしょうか?

Aさんのように理由がモヤっとした感じで断られた場合「なんだよ、結局やりたくないだけなんじゃないの?」と想像が膨らんでしまい、結果印象が悪くなってしまう可能性があります。

このように、断るときに理由は言いにくいかもしれませんが、なるべく明確にお伝えしたほうが、むしろ相手の印象は良くなります。

 

飲みに誘われた時でも、

「誘ってもらえてうれしいのですが、今日は恋人とデートをする約束がありまして」

「誘ってもらえてうれしいのですが、今日は子供の面倒を見る約束を妻にしてしまっているんです」

というように、仮に私的な理由だったとしても、これだけ明確に言われると悪い印象はなかなか沸いてきにくくなります。

 

人付き合い・対人関係・人間関係が楽になる無料メール講座配信中です!

併せてお読みいただくとコミュ力大幅UP!

人付き合いが楽になる7ステップ!7日間で変わる無料メール講座

 

嫌われるNOと印象の良いNOの違いは?

嫌われるNOと印象のよいNOの違いをまとめますと…

嫌われるNO

・感情的なNO

・相手への共感がないNO

・理由が明確でないNO

 

印象の良いNO

・冷静なNO

・相手への共感、配慮があるNo

・理由が明確なNO

 

という事になります!

ぜひ、この3つを使いこなして、印象のよい断り方、印象のよいNOをマスターしてくださいね!

 

≪無料メール講座配信中!≫

7日間で人付き合いが楽になる!無料メール講座

 

≪無料カウンセリング・無料コミュトレ受付中!≫

Skype・LINE無料カウンセリング

Skype・LINE無料コミュニケーショントレーニング

 

≪【Skype・LINE対応】カウンセリングメニュー≫

カウンセリングについてはこちら

自分自身のカウンセラーになるセルフ講座

 

≪各種短期講座≫

2日間でコミュ力UP!コミュニケーション特化講座

セルフカウンセリングアドバイザー資格認定講座

 

 

≪YouTubeで配信中!≫

 

▼ツイッター・フェイスブックやっています!▼
お気軽にお声がけください^^