こんにちは!

カウンセラー&ボイス・コミュニケーショントレーナーの早川です!

 

さて、こちらのブログで何度かご紹介している人間関係、対人関係のトラブルについてですが、本日はいつもよりもっと深く掘り下げてみようと思います!

タイトルにも書かせていただきましたが、本日は「男女間のトラブルについて!」です。

男女間でもさらにさらに的を絞って、「男性脳、女性脳」と呼ばれる、考え方の違いについてご紹介させていただきます^^

 

恋人やご夫婦間で起こるケンカの背景にはどういった男女間の違いがあるのか、またどうしたらそんなトラブルを防ぐことができるのか、そういった部分をお伝えしたいと思います!

現在お悩みの方、また未然に防ぐために知っておきたいという方は、ぜひ最後までお付き合いください^^

 

男性脳・女性脳って?

最近テレビや雑誌などでよく見る「男性脳・女性脳」というもの。

これってどういうものかご存じでしょうか?

簡単にご説明をしますと……

 

脳には左脳、右脳と別れているわけですが、それぞれ特徴があります

左脳は「言語」「思考」などを司どり、

右脳は「直感」「感性」などを司ると言われています。

そして、この右脳と左脳の間には脳梁と呼ばれる右脳と左脳の信号を橋渡しするような神経があるのですが…

女性の方がこの脳梁の働きがスムーズで、右脳と左脳をバランス良く使えていると言われています。

こういった違いから、物事の考え方や感じ方が異なると言われています。

 

一般的には、

男性脳優位:理論的、1つに集中、優位重視、直接的

女性脳優位:感情的、同時進行、共感

こういった特徴があります。

 

同じ物事を体験しても、男性と女性で感じ方が違うのは、この男性脳と女性脳の違いも大きな要因と言えるのです。

理論的で個を大切にしがちな男性と、感情的で共感を大切にする女性とで食い違いが起こるのはよくあることですね^^;

 

ケンカを防ぐ方法は?

こんな会話があったとしましょう!

 

女性「今日仕事でお客さんにひどい事いわれたんだ……すごく腹が立って、なんだか悲しくもなっちゃって…」

男性「ふーん、そういうときは上司に言って対応を変わってもらったほうがいいね、自分ひとりじゃ対応できないでしょ?」

女性「でも、なんだかイライラしちゃうし、涙も出てきちゃうし…」

男性「だからそうなったらどのみち対応できないから、責任者に代わってもらうべきだよ」

女性「……もういい」

男性「???」

さぁ、この文章を読んでどう思われるでしょうか?

今読んでくださっているあなたが女性か男性かで、この会話に受ける印象が違うかと思います。

 

先ほどの男性脳と女性脳の特徴を思い出してみてください

・・・

・・

男性脳優位:理論的、1つに集中、優位重視、直接的

女性脳優位:感情的、同時進行、共感

 

こういったものです。

この会話の場合、女性が求めていたものを男性は勘違いしてしまっています。

しかし、当然男性は悪意があるわけではありません。むしろ、相手のためを思ってしっかりとアドバイスをしています。

 

男女間のトラブルの原因はここにあります!

女性脳優位の場合、感情の部分で共感されることによって満たされることが比較的多いと言われています。

しかし、男性脳優位の場合、共感よりも「個」を大切にするとも言われています。

 

上記の文章に場合、女性は辛かった自分の感情や状況に共感をしてほしいと感じているように思えますね^^

しかし、男性は「こんな時はこうすれば問題が解決できる!」という理論的な思考で状況を判断し、そのアドバイスを伝えています。

その結果、アドバイスを求めていたわけではない女性は不満を抱え、会話は終了。

相手のためを思って言ったはずのアドバイスで不満そうにされ、「???」となる男性。

まさに、くい違いの現場ですね^^;

 

このように、男性脳優位、女性脳優位で感じ方、考え方は変わってくると言われています。

そしてこういったすれ違い、くい違いがケンカを引き起こしてしまうのです。

 

では、こういったケンカを防ぐにはどうしたらいいか?

それは、男性脳、女性脳の違いがあるという事を知り、理解しておくという事です。

今、ここまで読んでいただいたあなたなら、男性脳と女性脳とではそもそも考え方やとらえ方が違うという事を知っていただけたのではないかと思います

そして、こういった違いがあると知っていさえすれば、いざ意見が食い違いそうになったとき、

「あ、そういえば男性脳の人はこうだったんだ」

「ん?女性脳の場合はこうだから、伝え方はこうすればいいのか」

と、コミュニケーションを円滑に運ぶ努力ができるようになるのです。

 

対人関係のケンカのほとんどは、自分の意見や考えを相手が100%理解できると思ってしまうことから起きます。

「自分がこう思っているのを理解できないのは思いやりが足りないからだ!」

「私の事が嫌いだから、私の考えを理解しないんだ!」

こういう風に考えてしまうと、どんどん怒りや悲しみの感情が出てきてしまいます。

 

しかし、相手は、理解しないのではなく、できないのかもしません。

さらに、本当は自分のことを想って、その言葉を伝えているのかもしれません。

 

相手と自分は違う存在である。

こういったことを理解しておくだけで、ケンカにならずに済むことも多いかと思います。

ぜひ、試してみてください^^

 

≪無料メール講座配信中!≫

7日間で人付き合いが楽になる!無料メール講座

 

≪無料カウンセリング・無料コミュトレ受付中!≫

Skype・LINE無料カウンセリング

Skype・LINE無料コミュニケーショントレーニング

 

≪【Skype・LINE対応】カウンセリングメニュー≫

カウンセリングについてはこちら

自分自身のカウンセラーになるセルフ講座

 

≪各種短期講座≫

2日間でコミュ力UP!コミュニケーション特化講座

セルフカウンセリングアドバイザー資格認定講座

 

 

≪YouTubeで配信中!≫

 

▼ツイッター・フェイスブックやっています!▼
お気軽にお声がけください^^