皆様こんにちは、こんばんは!

本日は普段無意識で使ってしまっている「言葉の暗示」についてご紹介です。

ちょうど寒くなってきた今の時期、別れ際に「風邪ひかないようにね~」「体調気を付けてね~」とかって言葉を相手にかけていないですか?

実は、この言葉のかけ方は、「否定命令」という言葉のかけ方、予期せぬほうに行ってしまいがちな暗示なんです

 

否定命令

否定命令というのは、否定的なことを暗示するような言葉のかけ方のことを言います。

例えば「風邪をひかないようにね!」

この言葉は、相手の体調を気づかってかけていることがほとんどだと思いますが、実は逆に風邪をひいてしまいやすくなるかもしれないかけ方なんです。

もっとわかりやすい例をあげます!

ぜひ、ご自身のこととして、想像をしてみてください。

 

本番を10分前に控えたあなた!こんなことを自分に言い聞かせます

「失敗しないようにしなきゃ!」「噛まないようにしなきゃ!」

そして周りの方たちから、「緊張しないようにね!」

・・・

・・

はい、どうだったでしょうか?

普段このようなことを考えたり、言葉をかけてもらったりしていますか?

実は、今あげたこの例の言葉は全て否定命令です

 

勘の鋭いあなたはもう気づかれたはず!

そうです、否定命令はその言葉をかけると、そのことに意識が向いてしまうため、なおさらそちらに行ってしまうのです。

例えば「失敗しないように!」

これは、失敗したくない⇒「失敗」という言葉に意識が向いているため、「しない」と思ったとしても余計に失敗を意識してしまうことになります

「緊張しないように」……これも同じで、「緊張」というものに意識が向いているため、したくないと思えば思うほどそちらの方向に行ってしまうのです。

 

言葉を変えてみよう

では、この否定命令を変えるにはどうしたらいいでしょうか?

答えは簡単です、否定命令は否定的なことに意識を向けてしまうからそちらにいってしまうのですから、逆に肯定的なことに意識を向けてあげればいいのです!

 

「風邪をひかないようにね!」⇒「元気でいようね!」

「失敗しないようにね!」⇒「成功させようね、楽しんでいこうね」

「緊張しないように!」⇒「リラックスしていこう、思いっきりやろう!」

答えはこれだけではありませんが、否定的なことに意識を向けず、肯定的なことに意識を向けられれば、成功です!

この言葉一つで、無意識のうちに人の心は変わる可能性があると言われています。

相手の事を思ってかけた言葉が、意図とは逆に効果を発揮してしまっては悲しいですよね^^;

ぜひ、否定命令から、肯定的な言葉に変えてみてくださいね!

 

本日の内容はこちらの動画で詳しくご説明しています!

 

 

7日間で人付き合いが楽になる!無料メール講座受付中!

 

 

カウンセリングについてはこちら

セルフカウンセリングアドバイザー資格認定講座

自分が自分のカウンセラーになる方法

 

無料カウンセリングを行っています