こんにちは!

カウンセラー&ボイス・コミュニケーショントレーナーの早川です!

 

突然ですが、会話をするとき、どういったことを意識されていますか?

……普段会話をするときはあまり何かを意識して会話をするということはあまりしないかもしれませんね^^;

しかし、この会話をするときにあることを意識をすることによって、会話が相手に伝わるか、伝わらないかの分かれ道になってしまうのです!

本日は、そんな伝わる会話の秘訣として意識してほしい一つの事をご紹介します!

 

大きなひとり言は伝わらない

少し想像をしてみてください。

あなたが会話をする際、その周りにはどういった風景が広がっているでしょうか?

・・・

・・

少しオーバーな感じでお話してしまいましたが、いたって簡単な内容ですが、

会話をするという事は、必ず自分以外にだれか相手がいますよね?

 

そうです、伝えるということは必ず伝えたい相手が存在するのです。

その相手は一人かもしれませんし、大人数かもしれません。

しかし、「何かを伝えたい」と思ったとき、必ずその「伝えたい誰か」が存在するのです。

この部分が本日のキーワードになります。

 

では、本日のタイトルにも入れている「大きなひとり言」ってなんでしょうか?

もうカンの鋭いあなたならわかったかもしれませんね!

 

大きなひとり言というのは、相手を意識せずに話す言葉の事を言います。

……そんなこと言っても相手が目の前にいれば勝手にその人に話しているものなんじゃないの?

そうお考えかもしれませんね^^

 

しかし、相手が目の前にいても、その相手に向かって話していない時はよくあることなのです。

例えばですが、スピーチを聞いたとき、声がとっても大きくても、なんだか少し眠くなってしまったり、頭に内容が入らなかったりしたことってないでしょうか?

こういった時の多く場合、その言葉はあなたに入ってきていません。

 

これは聞き手の時の場合ですが、逆のパターンですと、お話をしていて「え?何?」という風に聞き返されることが多かったり、「声がボソボソしている」という風にいわれてしまうようなことが多い場合は、もしかしたら相手に声が届いていない証拠かもしれませんね。

 

伝わる会話の秘訣は…

ここまでお話をすればもうお分かりですね!

そうです、伝わる会話の秘訣は「伝える相手を意識する」という事です!

この相手を意識する、ということは非常に大切です!

「この人に声をしっかり届けるぞ~!」と意識をして会話をすることができれば、あなたの声は劇的にかわります。

そして、その会話は相手にしっかり届くようになるので、印象が良くなったり、自分の伝えたいことがしっかり伝わったりと良いことがたくさんあります。

ぜひ、会話をするとき「しっかり相手を意識する」という事をためしてみてくださいね!

コミュ力もグングン上がりますよ^^

 

≪無料メール講座配信中!≫

7日間で人付き合いが楽になる!無料メール講座

 

≪無料カウンセリング・無料コミュトレ受付中!≫

Skype・LINE無料カウンセリング

Skype・LINE無料コミュニケーショントレーニング

 

≪【Skype・LINE対応】カウンセリングメニュー≫

カウンセリングについてはこちら

自分自身のカウンセラーになるセルフ講座

 

≪各種短期講座≫

2日間でコミュ力UP!コミュニケーション特化講座

セルフカウンセリングアドバイザー資格認定講座

 

 

≪YouTubeで配信中!≫

 

▼ツイッター・フェイスブックやっています!▼
お気軽にお声がけください^^