何かを勉強したり、練習したり、今覚えたい内容が身に付くまでには、4つの段階があると言われています。

本日はそんな、学習の4段階についてご紹介です。

4つの段階を知って自分を見つめてみよう

 

学習の4段階

学習には4つの段階があると言われています。それは……

 

1.無意識的無能(できないことがわからないし、その能力もないよ)

2.意識的無能(できないことは知っているけど、やろうとしてもできないよ)

3.意識的有能(意識して頑張ればできるよ!)

4.無意識的有能(意識しなくても勝手にできるよ!すごい!)

この4つの段階が、学習の4段階と呼ばれるものです。

 

この4つはよく自転車が乗れるようになるまでに例えられます。

1.無意識的無能状態は、できないことがわからないし、やることもできない状態。自転車にさわったこともない子供の頃だと、自転車に乗れるかどうかもわからないし、当然乗る能力もないです。これが無意識的無能状態です

2.意識的無能状態は、初めて自転車に乗ろうと練習を始めたばかりのころの状態です。頑張って乗ろうとしても転んでしまったりして、うまく走れません。「自転車に乗れない」という事を知ります。

3.意識的有能状態は、自転車に乗れるようになって間もないころの状態です。ハンドルをしっかり握って、ペダルをこいで……と意識をすれば走れるようになりました。「意識をすればできる」という状態のことですね。

4.無意識的有能状態は、意識しなくてもできる能力がある状態。自転車に乗ることになれると、もう「ハンドルをこう握って、ペダルをこいで……」とかは意識せず、まったく違うことを考えながら、当然のように乗ることができると思います。これが.無意識的有能という状態のことですね。

 

無意識的有能状態を目指そう

技術や能力は身に付けば身に付くほど身体が勝手に動くようになってくれます。人間ってすごいですね!

この身体が勝手に動く状態というのは、ほかならぬ無意識的有能状態です。

3の意識的有能の状態までは、比較的難しくなくいけることが多いと言われています。しかし、4の無意識的有能状態に行くためには、かなりの努力が必要です!

 

反復練習が無意識的有能へ導いてくれる

では、どうやって無意識的有能状態まで、力を付けることができるのかというと……反復練習が全てと言われています。

意識的有能状態で、何度も何度もその内容を反復することで、意識をしなくてもできるように身体が覚えてくれるわけです。

自転車の時もそうだったと思います。自転車に乗れるようになって嬉しくなって毎日乗っていたら、気が付けば無意識的に乗れるようになっていた。

反復練習はとっても大事なんですね!

今あなたが習得した力も同じかもしれません。何度も何度も反復することで、必ず無意識的有能状態に導かれることでしょう!