こんにちは、こんばんは!

突然ですが、何か悩み事をしているときって、どんな姿勢になっているでしょうか?

少し想像してみてください。

どうでしょうか? 辛ければ辛いほど、悩みが重ければ重いほど下を向いて背筋が丸くなっていませんか?

全ての方が当てはまるという事ではないのですが、比較的多くの方が、何か悩み事ををするときに、下を向いて背筋を丸めるような姿勢を取られるようです

これは「自己対話」をするときにこのような姿勢になりやすいと言われており、自分の世界に没頭しやすい姿勢と言えます。

この姿勢、メリットもあるのですが、悩み事が頭の中でグルグル回っているような時だと、そのグルグル思考がどんどん強くなって、抜け出せなくなってしまうかもしれませんね^^;

そんな時は……

グッと背筋を伸ばして、上を向いてみましょう!

実はこれだけでも思考に仕方に影響があるのです。

下を向いて背中を丸めるような姿勢は、いわば「悩む姿勢」です。自分の世界にはいって「自己対話」をしてしまう姿勢でもあるのです。

 

逆に上を向くというのは、自己対話から外の世界に気持ちを向けられる行動です。

なので、もし悩みがあり、考えすぎてグルグルしているようなことに気が付いたなら……背筋を伸ばして上を向いて悩んでみましょう!

「何をばかなことをいっているんだ^^;」

そう感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、結構バカにできない方法なんですよ、これ^^

とっても簡単ですし、いつでもできます。

騙されたと思ってぜひ試してみてください、悩みが深くなってグルグルして、きたら「上を向いて悩む!」

そうするといつもと違う思考が浮かんだり、いつもと違うものが見えるかもしれません。

人は悩めば悩むほど視野が狭くなりがちです。色々な選択肢を考えているつもりでも、追い詰められれば追い詰められるほど、思考が偏った働きをしてしまいがちなんです。

少し強引だったとしても、今いる場所から少し抜け出してみる、という事は新たな気づきを与えてくれる良い手段だと思います^^

 

 

お気軽にご相談ください^^

 

自分が自分のカウンセラーになる方法