なんであの時こんなことやっちゃったんだろう……

この先どうなっちゃうんだろう……

将来生活していけるのかな……

こういった「不安」や「後悔」は日々の生活のなかで頻繁に浮かぶことではないでしょうか?

気持ちが落ち込んでしまったり、ストレスを感じたとき、頭の中では現在ではなく、過去や未来の事を考えてしまっていることが多いと言われています。

その結果、答えの出ない悩みに襲われてしまうことになってしまうということですね。

 

後悔は過去にある

昨日やってしまったミス

先日言ってしまったあの言葉

数年前に起こってしまったこと

 

こういったことを思い出してストレスが溜まってしまったり、辛くなってしまったり、そういったことは誰しもあるかと思います。

このような、過去の出来事に気持ちや思考を縛られてしまうことも、抜け道のないストレスになりがちです。

残念ながら過去に起こった出来事は変えることができません。タイムマシンに乗って過去を書き換え! なんてことはおそらくまだできないんじゃないかと思います。

そのため、この後悔のストレスから抜け出すためには、「今」に気持ちや思考を持ってくることが大切になります。

 

不安は未来にある

抜け道のない不安やストレスの原因は、過去だけではなく、未来に思考や感情が行ってしまう事でも起こります。

 

このままの生活で将来大丈夫なんだろうか?

この内容で会議は大丈夫なんだろうか?

こういった、未来に対しての不安も良く考えてしまうのではないでしょうか?

未来に対して不安に思う……これも結果の出せないストレスになり得ます。過去と同じようにタイムマシンに乗って未来を覗くことはできないからです。

未来に対する不安は、結果を知ることができない以上、迷宮入りしてしまうストレスです。

この不安に対しても、今に気持ちや思考を持ってくることが大切になってきます。

 

過去も未来も今起こっていることのように感じられる

人間の脳は現実と空想の区別がつかないと言われることがあります。

少し、こんなイメージをしてみてください

 

 

①家の冷蔵庫の中からレモンを取り出しましょう

②そのレモンを包丁で輪切りにしてみましょう

③では、その輪切りにしたレモンを思いっきりかじってみましょう! ガブッ!

どうでしたか?

実際にレモンはかじっていないのに、唾液が多く出ていないですか? もしくは下あごのあたりがムズムズしたり普段との違いはないでしょうか?

このように、実際には食べていないのに、実際に食べたときのように身体は反応することができます。

つまり、過去や未来の出来事も、イメージをすれば、今起こっていることのように体験することができるのです!

 

この体験が楽しいものであればよいのですが、過去の後悔を過ぎたことなのに、今まさに起こっていることのように感じ、胸が苦しくなったり、汗をかいたり……また、未来の不安を今起こっていることのように感じ、同じく身体や心が辛くなってしまったり……

このようなことが起こり、実際には現在起きていないことに縛られ、辛くなってしまうことがあるのです。

 

過去も未来も変えられる

過去の出来事自体は変えることはできません。未来に起こることは現在は知ることができません。

しかし、そのことを捉える考え方は変えることができます。

考え方を変えることができれば、過去の後悔も未来の不安も変えることができると言えます。

そうすることで、現在の生活を変えていくこともできる可能性があります。今が変わるという事は、未来も変えることができます。

今現在の考え方を変えるだけで、全てを変えることができると言われるのは、こういった理由からです。

過去も未来も、今現在の自分の頭の中で起こしていること、だからそこを望む方向に転換できれば、現在辛くならずにすみますね。

 

そんなことを言われたって考え方なんてすぐには変えられないよ!

もしかしたら、そうお考えかもしれませんね^^

当然、すぐに変えることはできないかもしれません。でも必ず、少しづつは変えていくことができます。

ふとした気づきが価値観まで変えてしまうことは、案外あるものなんです

ほら、もしかしたらこの記事を読んで新たな気づきが…

そうなっていただけたら嬉しいです^^

 

本日の内容はこちらの動画でもご紹介しています!

 

 

7日間で人付き合いが楽になる!無料メール講座配信中!

 

 

無料カウンセリングを行っています

 

カウンセリングについてはこちら

 

自分が自分のカウンセラーになる方法